社員の面接について | アルバイトをしている人に、とっておきのいい話をします
menu

社員の面接について

脱力系の女性

さて今回は、どうしても正社員の求人を見て就職を決めたい!という人のために色々とアドバイスしていきたいと思います。
会社によってはアルバイトの求人を出さずに正社員になりたい人向けの求人しか出していないケースもよくあります。
そのため、就きたい会社が正社員の求人しか出していない場合はやはり受けるしかないですよね。
でも今までに何度も失敗を経験している人は、おそらくトラウマになっていると思います。

ではどのようにして面接を乗り切ればいいのか?
まずひとつだけ残念なことをいっておきます。
それは、どの会社も即戦力になりそうな人を優先的に採用しているということです。
そのため自分が経験したことない業界に飛び込む場合は、かなりハードルが高くなってしまいます。
求人に応募する人はあなた以外にもたくさんいますので、未経験だとまず不採用になる可能性の方が高いです。

だからその場合は、アピールをする上でポートフォリオを準備するようにしてください。
つまり、業界には直接的に携わっていなくても独学でこれだけのものを創り上げてきた、ということをアピールできる材料があれば間違いなくいい印象を与えることができます。
たとえ面接の際に要求されていなかったとしても、準備する価値は絶対にあるでしょう。

そして、興味や関心があるかどうかも重要なポイントになってくると思います。
なぜなら興味や関心がないと、面接時にバレてしまうからです。
面接では必ず会社の事業や業界について、色々話を深くされることがります。
その際に興味や関心がない人は、ついボーっと聞いてしまいがちです。
それは面接官に簡単に伝わってしまうので、この人はなにもうちに興味ないなと思われた時点で不採用となります。